読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元Web系エンジニアのごはんブログ

JavaとかKotlinとかのごはん関係のブログです。

Kotlin用Apache POIのラッパーライブラリーKExcelAPI 0.1.0をリリースしました

Kotlin用Apache POIのラッパーライブラリーKExcelAPIをリリースしました。

github.com

もともとGroovy用のGExcelAPIというライブラリーがあり、それが便利そうなためKotlin版を作成しました。

コードのイメージは次のようになります。

// 簡単にファイルオープン、クローズ
KExcel.open("file/book1.xlsx").use { workbook ->
    val sheet = workbook.getSheetAt(0)

    // セルの読み込み
    // セル名でのアクセス
    println("""B7=${sheet["B7"].toStr()}""")
    // セルのインデックスでのアクセス [x, y]
    println("B7=${sheet[1, 6].toDouble()}")
    println("B7=${sheet[1, 6].toInt()}")

    // セルの書き込み
    sheet["A1"] = "あいうえお"
    sheet[3, 7] = 123

    // ファイルの書き込みも簡単に
    KExcel.write(workbook, "file/book2.xlsx")
}

B1のようなセル名や、[1, 3]のようなセルのインデックスのどちらでも読み書きできるのが特徴です。書きながらシートへのアクセスも何かしたほうがいいなと思い始めました。。

ということで、まだ0.1.0なのでいろいろ改善していきたいと思います。